Git & GitHub CLI超入門

目次

 1. Nodeのインストール
   1-1. Node.jsのバージョン管理ツールを入れる場合
 2. Gitのインストール
 3. GitHubアカウントの作成
 4. GitHub CLIのインストール
 5. 練習
 6. 参考資料

以下はWindows 10での作業内容です。

1. Nodeのインストール

  • Nodeのバージョン管理ツールを入れ、そこからNode.jsを入れるほうがよりよいですが、単純にNode.jsを入れることでもよく、その場合はこちら
  • 推奨版(LTS)をインストールします。

1-1. Node.jsのバージョン管理ツールを入れる場合

  • ツールには色々ありますが、NVM for Windows (nvm-windows)の場合はこちら

2. Gitのインストール

  • こちらからインストールする。
  • インストールの設定は基本デフォルト。ただし、[Choosing the default editor used by Git]ページで[Use Visual Studio Code as Git’s default editor]を選択。

3. GitHubアカウントの作成

https://qiita.com/negisys/items/04700c688382a0865947

4. GitHub CLIのインストール

  • こちらからインストールする。
  • いくつかのインストール方法があるが、Windows用のインストーラがある。
  • 使い方はこちら
$ gh --version // バージョンを表示する
$ gh --help // ヘルプを表示する
$ gh auth status // 認証の状況を表示する
$ gh auth login // GitHubホストで認証する

5. 練習

  1. 適当な場所で git-practice というフォルダを作りエディタで開きます。
    • WindowsでGit BashからVisual Studio Code で開く場合は次の操作。
適当なフォルダでGit Bashを起動する
$ mkdir git-practice
$ cd git-practice
$ code .

2. 適当なHTMLファイル等を作成します。

!の入力でひな形を生成
  • これで次の状態になりました。
<!DOCTYPE html>
<html lang="en">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
  <title>Document</title>
</head>
<body>
  
</body>
</html>
  • 適当に少し編集し、ブラウザで確認します。
Live Serverで開いたところ

3. ターミナルを開きます。

bashターミナルをメニューから起動

4. 本プロジェクトでgitを使えるようにします。.git というフォルダが作られました。

$ git init
 Initialized empty Git repository in C:/Users/pitan/Documents/dev/playground/git-practice/.git/

5. プロジェクトに変更を加えてみます。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
  <title>Git&GitHub CLIの練習</title>
  <style type="text/css">
    h1 {
      color: #26b72b;
    }
    </style>
</head>
<body>
  <h1>Git&GitHub CLIの練習</h1>
</body>
</html>
文字を緑色にしてみました

6. git で変更内容を確認します。

$ git status
  • index.html が変更されていることがわかります。
  • メッセージを読むと、このフォルダには追跡されていない(gitの管理対象として追加されいていない)ファイルがある(この場合はindex.html)ので、追跡したければ”git ad”を使えとのメッセージがあります。

7. プロジェクトの全ファイルをgitの管理対象とします。

$ git add .

8. git の管理対象の全ファイルをコミットします。

$ git commit -m"initial commit"

9. プロジェクトに更に変更を加えてみます。

  • 文字色を紫にします。
  • 6. の方法で変更を確認します。
  • 今度はVisual Studio Codeのソース管理機能から、変更ファイルを確認し、ファイルをダブルクリックすることで差分を確認します。
ソース管理のアイコンをクリックした後、ファイル名をダブルクリックする

10. 編集結果を破棄します。

  • Visual Studio Codeのソース管理で[変更を破棄]アイコンをクリックします。
[変更を破棄]アイコン
  • 変更が破棄されました。以下のコマンドでも状態が確認できます。
$ git status
 On branch master
 nothing to commit, working tree clean

11. GitHubにコマンドでリポジトリを作成します。

  • 次のような方法(2種類紹介)があります。
$ gh repo create git-practice
又は
$ gh repo create
  • 後者の方法だと質問を聴いてきます。
権限についてエラー出ているけど(汗)
GitHubにリポジトリができています

12. 手元のプロジェクの内容をGitHubリポジトリにpushします。

6. 参考資料

  1. Git関連の日本語のドキュメント
  2. 英語のドキュメント
  3. Git及びその他のツールに関する無料又は格安の教材
  4. GitHub の Permission denied (publickey) に立ち向かう – Atuweb 開発 Log