パソコンを高速化しました:SSHDからSSDへ

パソコンの電源を入れてから、ログイン完了までの時間を2~3倍高速化しました。

SSHDを外してみたところ

その手順を記録しておきます。

格安に入手したパソコンのCPUはCore i7です。

これまでの状況

私が自宅でインターネット用に使っているChromeBook(Celeron CPU N3160@1.60GHz)より高性能なため、その性能に期待しました。

しかし、パソコンの電源を入れてからログインが完了するまで、2~3分かかる感じでした。

ChromeBookはパスワード入力時間も含めて、約30秒で起動しますので、この差は大きいです。

このパソコンはHDD(正確にはハードディスクとSSDのハイブリッドのSSHDというものらしい)の懐かしいカリカリ音が聞こえてきます。

3万円以下でパソコンを購入

プログラミングを開始するのにやはりWindowsかMacが必要と考えました。

もともとアップル製品が好きですが、Macは高い。

1年前に少し古いMacBook Airが故障し、アップルは修理してくれないため、ちょっと嫌いになりました。

妻から購入許可を貰うためには安いやつ、つまりWindowsパソコンを買うことにしました。

Windows 7 PCの電源を入れたらCtrl-Alt-Del to restart

格安で入手した未開封のパソコンを、わくわくしながら電源ボタンを押したら起動しません。

「数年間、電源入れずに放置したらからバッテリーがないんだね。」

ACアダプタを指して電源ON!

電源が入ったのですが、Ctrl-Alt-Del to restartと表示されたまま先に進みません。

CtrlキーとAltキーとDelキーを同時に押すとしばらくして、また同じ表示です。

「無限ループかよ」