Heroku(無料)を寝かさない方法

Herokuを無料枠で使っていて気がついたのですが、しばらくぶりにWebアプリケーションにアクセスすると、起動時に時間がかかるのです。

公式サイトの「Heroku を利用して無料でアプリの構築 | Heroku」を見ると次のように書いています。

 dyno 時間を節約するため、30 分間何も操作が行われないと、無料アプリケーションは自動的にスリープモードに切り替わります 

これを解決する方法はGoogleで「heroku slepp」で日本語の情報がいくらでも出てくるので詳細は省略しますが、例えば UptimeRobot という無料のサービスを利用して、定期的にWebアプリケーションにアクセスに行けばよいとのことです。

これ自分のサイトが生きているかどうか確認し、反応なければメールしてくれるようで、とても便利ですね。

UptimeRobotのダッシュボード